ヘルシーシェフ。評判の日立の電子レンジ

CMでもよく見かける日立の電子レンジ「ヘルシーシェフ」。最近の電子レンジは、機能が充実しており、様々な料理に挑戦できると評判です。そんな電子レンジ中でも特に人気なの「ヘルシーシェフ」です。そんな「ヘルシーシェフ」には、どんな機能があるのでしょうか。

Wスキャン調理

「ヘルシーシェフ」には、重さと温度をはかる機能が付いています。これがWスキャンと呼ばれるもの。このWスキャンで計測した結果で、加熱のパワーや時間をオートでコントロールする事ができ、結果、美味しい料理を作る事が可能になっています。

この機能は、焼き物をはじめとし、煮物、揚げ物、蒸し物などにも可能。その為、色々な料理を「ヘルシーシェフ」によって作る事ができるようになっています。

大火力平面グリル

今までの電子レンジ調理では難しかった焼き色も「ヘルシーシェフ」の大火力平面グリルヒーターを使う事で可能になりました。平面の大火力ヒーターによって、上から表面に焼き色を付ける事が可能となり、より一層、美味しい料理を作る事が可能です。

また、平面ヒーターと言う事で掃除も簡単で、汚れてもサッと拭けばOKです。

豊富なオートメニュー

「ヘルシーシェフ」には、豊富なオートメニューが準備されています。このオートメニューを使えばボタン一つで、様々な料理を作る事ができ、とても便利!

また、脱脂、減塩料理も可能で健康志向の人にも、お勧めの機能となります。女子栄養大学と栄養クリニックと開発したメニューもあり、「ヘルシーシェフ」を利用する事で、健康的な食生活を送る事も可能になっています。

以上が日立の電子レンジ「ヘルシーシェフ」の充実した機能です。名前にヘルシーと付くだけあり、ヘルシーメニューを作る事ができる点が魅力の電子レンジとなります。