子供の喘息で帰宅したら、知らない女と旦那が

夫が浮気した時の修羅場の話。

20歳で付き合いはじめて、すぐに妊娠して結婚。

まだ若いってこともあって、やりたいことを優先する彼に不安が残りながらも子供のために、自分のためにとなんとか寄り添ってやってきた。

お金の面ではとにかくだらしなく、

自分のやりたいことをとにかく優先するところがあり、

もともと子供好きだったから我が子を可愛がっているところはあるものの、

特に子供が好きじゃなかったら我が子でさえもないがしろにして

遊び呆けてしまうのではないかと思うくらいにだらしがなくて、

とにかくお金のめんではいっつも喧嘩が絶えなかった。

[ad]

 

そして、おこづかい制だった我が家。

急に彼がお小遣いの増額をせびるようになった。

今までは、月のお小遣いがなくなるとちびちびおねだりをしてくる止まりだったが、

今回は月のお小遣いごと増額希望。その金額1万。

当然のごとく1万も増やして何に使うんだとかで大喧嘩。

結局5千のみ増額し、決着。

 

その件について腹が立っていると、

彼の携帯が最近よくマナーモードになっている事に気がついた。

 

細かい事だけど、なんだか気になり、

彼がお風呂に入っている際に携帯チェック。

 

当然のロック。

 

今までは子供の誕生日だったが、

それも変更されていて私にはわからない仕様に。

これは怪しい。

が、浮気を疑いつつも、

そのほかで行動に出ることもなく日々過ごしていました。

そしてある日。実家に泊まりに行こうと思い、その要件を彼に電話。

夕方頃に実家につき、のんびりすごしていましたが夜中突然子供が発熱。

喘息の持病があり、吸引機は自宅。

 

幸い実家と自宅はそう離れてはいなかったので、

 

まずは吸引機をと思い車を出してもらい自宅へ急行。

両親にお礼を言い別れてから自宅へ入り薬箱がある寝室へはいると、

旦那としらない金髪ギャルがスヤスヤ寝ているところから修羅場スタート。

 

なぜか冷静な私。

いつも私が寝ているベットでよくも大胆な。とは思ったけど、子供が優先。

[ad]

わざと音を立てるようにして薬箱を漁り、

少し大きめの声で子供を落ちつかせるように声かけ。

すると当然の旦那と浮気相手起床。

最初は泥棒?!くらいの勢いでいたけど、

旦那の反応を見てすぐに状況把握できた模様。

 

焦って言い訳をする旦那に、ギャルが

「え?ここ実家だから家族のものがあるって言ってなかった?

家族がいるなんてしらなかったんだけど、

まじで最低なカス男。」と言い旦那に強烈なビンタを1発。

 

子供の事をあやす私に

「奥様、このたびは本当に申し訳ありません。

結婚している事を知らなかったにしても、

どうお詫びをしたらいいのかわからないです」

と深々と頭を下げ、身支度をし勝手に帰宅。

 

あまりにも丁寧な対応に呼び止めることも出来ず。

 

その後、旦那とは離婚。浮気相手のかたに

証拠を頂き夫の方のみ訴え慰謝料まで頂き、今では幸せです。