私の病気によって体に埋め込む大手術で修羅場な話

私は、ある病気で3時間にわたる手術を行うことになったのです。

手術当日、主治医が病室に来られて、手術の説明を細かくしてくださったのです。

私の体に埋め込むものも、実際に触ることが出来たのですが、結構重く感じました。

私は明日の手術には緊張をしましたが、先生を信じていたので、

そんなにドキドキすることはなかったです。

看護師が6名、医師が2名、全8名で行うことになったのです。

大手術になる可能性があるために、見学に来ている医師がいると聞かされたのです。

私は、手術のベッドに横になる時に脱がせやすくするために、

着ているものを袖を外して、タオルケットのように上からかける状態で、

手術が始まったのです。酸素マスクを口に当てると、