レトロなマニアック遊園地、私の行ったベスト5

須磨浦山上遊園は、乗り物がちゃっちいが面白い

画像引用 須磨浦山上遊園

 


神戸と言えば、関東の横浜と並ぶ国際貿易港がある港町です。湘南海岸のように、関西有数の海水浴場として須磨海岸もあり夏場は賑やかな行楽地に変わります。神戸市須磨区の須磨海岸近くに、レトロな遊園地があり面白いと評判です。

「須磨浦山上遊園」という名称で、山の上にある小さな施設が特徴です。行く方法は、須磨浦公園駅からロープウェイに乗り到着するようになります。

施設の乗り物は、少なく子供が楽しむような遊具といった感じです。1番個性的な乗り物として、カーレーターがあり遅いジェットコースーターです。

大きなイスに2人が乗れて、ガタンゴトンとぐるりと施設内を回ります。スピードは、とにかく遅くエレベーター並みで動くためレトロさを体感出来ます。料金は、安く往復で乗っても大人は300円になるのでお得です。

その他、2、3種類の乗り物もありますが、小学生以下が楽しむ遊具と言えます。施設の3階に上がれば、喫茶店がありゆっくりと回転しながら軽食を頂けます。須磨の海と山を眺めれる展望は落ち着けるスポットです。

 

生駒山上遊園地は、本物の幽霊が出る?

奈良公園の鹿や大仏で有名な奈良県生駒市には、レトロな遊園地があります。「生駒山上遊園地」は、地元市民に長く愛されている施設です。

画像引用 生駒山上遊園地ホームページ

開園して90年近い歴史があり、テーマパークとは異なる懐かしい遊園地になります。生駒山の上にある施設は、20種類の乗り物が魅力です。

1つの乗り物は、平均300円になり昭和に流行った遊具といった感じです。過激な乗り物はなく、親子が楽しめる感覚が人気を保っています。

男の子ならゴーカード、女の子ならメリーゴーランドが人気です。また、生駒山上遊園地の名物スポットとしてお化け屋敷があります。

地獄門という場所で、若者の間で面白いと評判です。料金は、500円で一歩入れば、中は暗く不気味な屋敷の雰囲気が体感できます。

出口へ向かうまでに、カラクリやお化けに扮した従業員が飛び出してきて驚かせます。この地獄門では、ひそかな噂もあり本物の幽霊が出ると言われています。遊園地に来たら、ぜひ乗り物と地獄門を体験して欲しいです。

 

東京の浅草花やしきは、遊園地の先駆けです

東京と言えば、多くの施設があり地方の憧れ的な都市になります。遊園施設としては、東京ディズニーランドが有名で多くの人が来場する人気のテーマパークです。

しかし、東京の台東区浅草には、日本で1番古い遊園地の「浅草花やしき」があります。開園して165年の歴史がある施設として、浅草花やしきは今も健在です。

ディズニーランドのような新鮮さはないですが、昔懐かしいレトロさが体感出来ます。乗り物は、昭和を感じさせるジェットコースターから観覧車まで1日家族やカップルで楽しめます。

画像引用 浅草花やしきホームページ

ゲームやプリクラが出来るコーナーもあり、若者の利用者が多いようです。また、温泉街にある射的場もあり、1回300円で景品を当ててもらえます。

女性が好きなクレープ専門店マリオンクレープは豊富な種類が自慢の店です。クレープに入っている生クリームの量は多く、食べ歩きをしながらのデートも魅力的です。

浅草花やしきは、定期的にイベントも開催されているので何回も通える遊園地になります。

 

別府ラクテンチは、あひるレースがある

昭和4年開園した「別府ラクテンチ」は、大分県のレトロ遊園地になります。広い敷地内には、いろんなアトラクション乗り物から飲食店、動物が見れる場所が存在します。

全体的に、ファミリーが楽しむ施設になっていて休日は家族連れが目立つようです。面白い乗り物では、観覧車がありグルリと回る遊具が2つあります。

日本では別府ラクテンチだけらしく、レトロな雰囲気とユニークさが受けているようです。動物と親しめるコーナーもあり、子供が喜べるため口コミは良くなります。

また、遊園地名物のあひるの競争は、意外と面白い企画です。8羽のあひるが競争して、1位を当てるシンプルなレースになります。

1回100円で参加出来て、優勝者は景品が頂けます。子供から大人まで熱くなったり興奮する競争は、意外と嵌ると評判です。

また、園内には、バーベキューが楽しめる場所もありアウトドア気分が満喫出来ます。別府ラクテンチは、景観が良い場所にあるので休日はノンビリできるスポットです。

画像引用 別府ラクテンチホームページ

 

ひらかたパークは、有名人を起用して入場者アップ

大阪府大阪市の遊園施設は、USJがダントツの人気を誇っています。現在、入場者数は、1年間で1000万人を超えて他府県からも訪れているようです。

そんな大阪にも、歴史がある遊園地として枚方市の「ひらかたパーク」が存在します。開園は、明治45年という東京の浅草花やしきに次ぐ2番目の古さです。

ひらかたパークは、アトラクションはおちろんイベントが豊富に行われているので楽しです。若者から子供、親子が見て夢中になれるイベントが魅力的と言えます。

イベントに合わせた来場を行う人も多く、枚方パークの集客企画です。また、施設内には、夏になるとプールも利用出来て多くの人で盛り上がります。

スライダーも備わっており、水と一緒に滑り下りる面白さはプールの醍醐味です。そんなひらかたパークは、入場者が減少している時代がありました。

閉園も検寸されていましたが、有名人を起用した宣伝が注目されて人気回復した遊園地です。流行のUSJを比べると、料金の安さと気軽さがひらかたパークの良さと言えるでしょう。

画像引用 ひらかたパークホームメージより

 

兵庫県の観光ならこちら

大分県の観光ならこちら

大阪の観光ならこちら

奈良県の観光ならこちら

東京の観光ならこちら