卸問屋の集合施設と言ったら!船場センタービル

大阪の観光ならこちら

先日、船場センタービルという商業施設へ行ってきました。
大阪メトロ・堺筋本町駅から本町駅あたりまで続く複数のビルで、高架下を利用して作られた建物です。
様々なお店が入っているのですが、あまり知られていないようなので、今回はその魅力をたっぷりとお伝えしたいと思います!

■船場ってどんなところ?

2017年の朝ドラ「わろてんか」でも舞台となった船場。
船場という場所は、江戸時代から流通、経済の中心地でした。
これは付近に大阪城があるため、その築城のために武士が多く住み始め、商業者たちが集まったからでもあります。
船場と言う地域は、現在は長堀通り辺りから阪神高速南行線、阪神高速北行線までの南北2km、東西1kmの地域のことを差します。
かつてはこの地域が船着き場であったことから「船場」と言われるようになったそうです。
その後昭和に入ると、この辺りに卸問屋が集まり、商いの町として繁栄して行きました。

■船場センタービルってどんなところ?

1970年に阪神高速道路の高架下に作られた建物、船場センタービルには主に繊維問屋を中心に巨大な問屋街として誕生しました。
その広さは、東西約1KM続きます。
複数のビルが立ち並び、1号館から10号館まであります。
そのビルの中には約1,000店舗入っています!
繊維問屋が多く入っているので、洋服や生地、宝石などの装飾品など店も多く入っています。
他にも古本店、旅行会社など様々な店舗が並んでもいます。
問屋街なのですが、一般向けに小売をしている店ももちろんあります!
一般的なお店で購入するよりもお得に買い物ができるので、掘り出し物がないかチェックしてみても良いと思います!
価格が断然安いので、初めて訪れた時には驚きました!
1000円もあれば素敵な洋服がゲットできます。
トータル5000円でも前進コーディネートできそうです。
様々な年齢層に向けたお店が入っているので、どんな年齢層の方でもピッタリなお店がきっと見つかるはずです。
カジュアルな洋服だけでなく、フォーマルな装いも揃っています。
新品の着物を他で購入するとかなり財布に痛手ですが、こちらならかなり安く購入することができます!
結婚式で使用する髪飾りや小物類など安く購入することもできちゃいます。
それは卸価格だからこそできることですよね。
ダンスの衣装などを取り扱っているお店もあるので、趣味でダンスを楽しんでいる人や、舞台の衣装などを探している人にもうってつけです。

■地下にもお店!安い!うまいグルメ街

また、地下1~2階には、レストランも複数並んでいます。
ビジネス街の本町が近いので、会社帰りに、ランチにと足を運ぶサラリーマンも多いです。
どのお店もリーズナブルで、休憩にピッタリなカフェや飲み会におすすめできる居酒屋さんなど様々なシーンに合うお店が並んでいます。
地下鉄とつながっているので、雨の日も濡れずに歩けるという点も嬉しいですよね!
買い物と食事の両方を楽しんだ後は、さっと帰ることができます。
雨の日の大阪観光にもおすすめな場所です。

■アクセス


地下鉄大阪メトロ・本町駅(地下鉄御堂筋線・中央線)と堺筋本町駅(堺筋線・中央線)が最寄り駅です。
先ほどもお伝えしましたが、駅から直接ビルにつながっているため、アクセスがとてもしやすいです。
本町駅側が10号館に近く、堺筋本町駅は3・4号館の近くにあります。
ホームページにフロアマップが掲載されていますので、事前にどのお店に行くかチェックしてから行くとスムーズかもしれません。
とにかくとても広いので、くまなく見て歩くのはとても大変です!
休憩しながら巡ると良いでしょう。
日曜以外は営業しており、9時~18時までの営業時間となります。
祝日の場合は変更になることもあるようです。

■付近の観光地

船場センタービルの周辺には観光地も多くあります。
船場という場所が作られる大きなきっかけであった大阪城もその一つです。
本町駅、堺筋本町駅も通る中央線に乗り、谷町四丁目もしくは森ノ宮駅から降りると近いです。
谷町四丁目駅から歩くと、歴史博物館が近いので、観光はしやすいかと思います。
反対に森ノ宮駅から向かう場合は、森ノ宮キューズモールが近くにあるので、そちらで休憩をしてから向かうということも可能です。
また本町駅から御堂筋線もしくは四つ橋線を利用すれば、心斎橋やなんば駅へも出ることができます。
心斎橋は外国人観光客も多く集まる観光スポットです。
道頓堀などもあり、見る場所はたくさんあります。
大阪グルメを味わいたいという場合にもおすすめです!
どこへ行くのにもかなりアクセスしやすい場所にあります。
大阪観光の予定に入れてみてはいかがでしょうか。

■まとめ

とっても安く買い物が楽しめる船場センタービル。
歴史は古く、ディープな大阪を感じることもできます。
大阪には何度も足を運んだことがあるけれど、訪れたことがないという人も多いのではないでしょうか?
ぜひ、そのディープな雰囲気を味わいに来てみてください。
大阪の観光ならこちら

大阪の吹田市オススメスポットは万博記念公園!見どころやアクセスを解説
大阪には多くの見どころがありますが、ここでは吹田市にある万博記念公園について解説します。散策する時に参考にしてみてください。 ●万博記念公園とは?
レトロなマニアック遊園地、私の行ったベスト5
神戸と言えば、関東の横浜と並ぶ国際貿易港がある港町です。湘南海岸のように、関西有数の海水浴場として須磨海岸もあり夏場は賑やかな行楽地に変わります。神戸市須磨区の須磨海岸近くに、レトロな遊園地があり面白いと評判です。