アニメ好きにはたまらない!長野県の渋温泉は2次元から3次元のアニメ作品温泉が魅力

長野県の観光ならこちら

記念に残る温泉施設は、必ず心に残ります。
また施設そのもが、アニメの舞台になった場所なら最高だと感じるのです。
2次元から3次元に飛び出す瞬間の感動は、アニメ好きならず誰でも感動してしまうでしょう。
そんな、世界がある場所は長野県にある渋温泉です。

 

【渋温泉までのルート】


行き方は北陸新幹線を使いJR長野駅まで行きます。
そうして次は、湯田中駅に向かう長野電鉄に乗り換え出発です。
湯田中駅に到着してからは、渋温泉までバスで移動します。

バス移動では、上林温泉と志賀高原に向かう二つのバスがあります。
どちらも、渋温泉まで行くことが出来るので迷わず安心です。
渋温泉までは、約10分ほどで到着です。

【レトロな雰囲気の石畳の街並み】

到着すると温泉施設が数多く点在しています。
その点在している温泉街は、一つの街になっていて全体的の雰囲気がレトロで昭和な感じの景観です。

その為、温泉街はいるだけでも安心感がある場所です。
そんなレトロな昭和の感じをだしている空間は、硫黄の香りが漂っていて歩くだけでも旅行気分になります。

また、温泉街の石畳を歩けば、街並みが落ち着いて見えるのです。
これは、建物が木造な為だと感じてしまう瞬間です。
しかも、街並みが小京都に見えてくるので、はんなり気分になっていくこと間違いなしです。

また、温泉街の道は落ち着いた雰囲気で歩きやすく、目立った段差もない歩きやすい道です。
石畳なので、夏は打ち水をすると涼しくなるのでは?と考えてしまいます。
しかも、凸凹していないので安全に歩けますし、歩いていて街並のゆっくりした時間に包まれるので、温泉街だと実感できる瞬間でもあります。

写真を撮る時でも、道路と違い石畳は雰囲気がグンと出てくれるので魅力があります。
とくに温泉街の景観を損なわない石畳ですし、道の広さも余り広くなく温かいイメージの空間なので本当に落ち着く場所です。

【アニメのモデルの金具屋さん】

そうして、歩いて暫くすると大きな歴史ある木造の建物が見えてきます。
その建物は、大きく高い建物なので直ぐに目に付くのが特徴です。
この見えてきた建物がアニメで見た建物なのです。

見た瞬間は解りませんが、中に入り天井や階段を眺めると一つのアニメに辿り着くのです。
それは、有名なアニメである千と千尋の舞台である湯屋です。

なので、気がつくと外から眺めたく感じ一度建物全体を眺めたくなります。
そうして、眺めた瞬間にアニメから出てきた建物だと改めて感じ驚いてしまうのです。
とくに外のベンチからの光景はうりふたつです。

うりふたつな温泉施設は、有名になっている金具屋さんです。
金具屋さんと言えば、温泉もさることながら千と千尋に出てくる湯屋のモデルとなった場所とあり人気スポットです。

ですが、有名どころに泊まり温泉に入るのもいい楽しみ方です。
また、金具屋さんは第一線で活躍している映画のモデルとあり、アニメの世界に入ってしまった感動が味わえます。
これは、温泉施設を前にして見る度に感じる時です。
また、モデルとなった場所では、建物もさることながら温泉の見た目もアニメを思わせてくれます。
それは、館内にある温泉浴場の形にあります。
その浴場が曲線を描いたような鎌倉温泉です。
この温泉は見た目もそうですが、アニメに出てくる温泉の形に似ているので、なる程と思ってしまう温泉です。

また、入ると温度が丁度良く長く入っていられます。
湯の花もあるのでザ・温泉と思う瞬間です。
他にも露天風呂や館内で最も古い温泉に入ることが出来るので、記念になる温泉の楽しみ方になります。

【文化財の魅力が色濃くある金具屋】

また、長い歴史のある金具屋さんは、登録有形文化財のお部屋に泊まれるのが何より魅力です。
有形文化財に泊まれるのは、そうそう無い宿泊施設なので、さすが金具屋さんだと感じてしまいます。

とくに有形文化財になっている部屋が大広間です。
見ると広いだけでなく天井の作りや柱が無い事が察知できます。
なので、見た瞬間は異空間の部屋を見ている感じがするのです。
また、金具屋さんの階段一つにとっても歴史を感じる作りです。

とくに宮大工の工夫をこらした作りが、あちこちに見えるので、宿泊施設というよりも神社や仏閣を見ている気分になってしまいます。
また、金具屋さんでは歴史を振り返る館内の文化財めぐりが出来るので、参加すると館内全体が貴重な文化財だと改めて感じることが出来ます。

シッカリと館内の方が説明してくれるので、参加するのが記念の思い出になります。
そうして参加した後に、館内を見渡し説明を振り返ると作ってくれた方々の細かい部分が見えてくるのです。
それが、説明してくれている大広間の構造です。
この構造は、様式の建築を取り入れたトラス構造というものです。
和洋合わせた作りなので、見ると明治時代にタイムスリップしてしまう瞬間です。

【皆が楽しめる景観のある2次元から3次元の渋温泉】

この渋温泉という宿泊施設の全体が、不思議な空間でもありタイムスリップした感じが出来るので、アニメの舞台を現実のものにしているのだと感じてしまいます。
また、温泉施設を出れば周辺が、昔の光景なので見るだけで、レトロ感もありアニメの世界に訪れた感じになってしまうのです。

なので、渋温泉を訪れると温泉も楽しめ、2次元だったアニメの世界が3次元になって現れ現実化している場所です。

なので、アニメ好きでも温泉好きでも家族でも一人でも、渋温泉は二度楽しめる記念旅行になります。

長野県の観光ならこちら