リニア・鉄道館はこんな所!徹底的に楽しむために!

愛知県の観光ならこちら

「鉄道博物館」と言えば、京都や大宮(埼玉県)が有名です。
今回ご紹介する【リニア・鉄道館】は名古屋市にある施設です。

規模は京都や大宮に比べると少し小さいようですが、JR東海が運営しているので新幹線がメインになります。

この【リニア・鉄道館】の屋内外に展示されているのは新幹線・在来線合わせて39種類!
大正時代の蒸気機関車からリニアまですべて実物車両を展示している充実ぶりです。
リニアは必見の価値アリですよ!(リニアは1台のみの展示です。)

ただ個人的には、リニアにもう少し力を入れてほしいのが正直なところです。
2027年にリニア中央新幹線が開通しますので、それまでには更に追加展示してもらえると話題にもなるかと思います。

新旧の実物車両が39種類も展示されているので館内は広大です。
よく迷子になって泣きじゃくる子を見かけます。
迷子になってしまった時のために
「迷子になったらリニアの前に集合!」
と決めておくのが◎

ほとんどの展示車両は中に入ることができ、レトロな質感に触れたり最新の計器類を見ることができるようになっています。

展示車両に夢中になる前に忘れてはいけないことがひとつ。
それは「シミュレータの抽選に参加すること」です。
できれば早い時間帯の抽選に参加することがベスト!

入場時に抽選券がもらえますので、一通り見学してからでは入場者が増えてしまい当選確率が低くなってしまいます。(抽選は1回限り参加できます)
団体の入場者も多い施設ですので、まずはスグに応募するようにしましょう!
発表時間になったらスクリーンに当選番号が発表されます。

広い館内を歩き疲れたら、屋外に展示されている【117系】を目指しましょう。
なんとこの車両、車内で飲食ができるんです。
館内で駅弁を購入することが可能ですから、ぜひ足を運んでみてください。(特にドクターイエローのお弁当が人気です)


車内は、季節に応じて空調もバッチリで快適!
この117系、休日でも意外と空いているので【満員電車】にはなりません。のんびりとした時間が過ごせます。

他にも館内は飽きさせない工夫がいっぱいです。
2階にはプラレールコーナーがあるので、子どもを遊ばせつつ休憩することも可能です。
プラレールコーナーは飲食スペースと隣接しているので、ゆっくり過ごせます。

イベントもよく開催されています。
新幹線の運転席で写真撮影してもらえることもあります。
子どもは車掌さんの制服を着ることができ、持参したカメラやスマホで撮影してくれますよ。
もちろん、アルバム仕様になった写真を購入することも可能です。
ただし大人気なので、シミュレータの抽選に応募したらすぐに並んだ方が得策です。もちろん車両内ではシートに座って待つことができますよ。

ジオラマコーナーも大変充実しています。
精巧に作りこまれたジオラマは東京~大阪のレイアウトになっていて、ずっと見ていられます。
夢中でシャッターを切る方が多い人気コーナーで、行く度にレイアウトが変わっていてその違いを探すのも楽しい見方です。

他にも実際のレールやパンタグラフに触れたり、動かしたりできるコーナーが人気です。電車が動くしくみや歴史がわかると楽しさが広がります。

スタンプラリーも開催しています。参加すれば効率よく館内を巡ることができるので、参加をオススメします。

お土産コーナーは1箇所のみ。
いったん、展示コーナーを出ることになりますが豊富なラインナップで迎えてくれます。(安心してください。再入場できますよ。)
お菓子、文房具、おもちゃ・・・、大人でも欲しくなる車両模型など、つい自分用に買いたくなってしまいます。

残念ながらリニア・鉄道館には専用駐車場がありません。
お車の場合は、近くの【金城ふ頭駐車場】を利用することになります。

電車の場合は、名古屋駅から【あおなみ線:金城ふ頭駅】で下車します。
あおなみ線は、名古屋中心部から名古屋港に向かって走行するワンマン電車です。

混雑するのはやはり土日祝です。(多くの場合、開館前に並びます)
とは言っても平日は、春と秋は社会見学の小学生が多く来場しますのでオススメできません。
夏休みや冬休みなら、来場者は分散するので回りやすい印象です。

子どもが小さくても、授乳スペースもオムツを替えるスペースも用意されています。
鉄道ファンでなくても、見ているうちに鉄道に興味を持ってしまう展示内容はさすがです。
鉄道ファンの方にも納得していただける内容かと思います。

おじぃちゃんやおばぁちゃんが、0系新幹線の食堂車をお孫さんに熱心に説明している姿も微笑まし光景です。

個人的には一番奥の【収蔵車両エリア】です。(ただし、触れたり乗り込むことはできません。残念・・・)
マニアックでありながらもどこか懐かしく感じる車両が並んでいますよ。

名古屋には他にも名古屋城など観光スポットがありますが、ご家族みんなで楽しめる「リニア・鉄道館」へぜひ!


愛知県の観光ならこちら

長久手市と言ったらモリコロパーク、IKEA(イケア) イオンモール長久手おすすめスポット
私が好きな長久手市のスポットを紹介します。 まずは長久手市の紹介をします。長久手市は名古屋市の東部にある人口6万人ほどの市です。愛知万博が開催されるまでは、何もない自然豊な「町」でしたが、万博を機に開発され今では、新しい大きな家が沢山でき、活気ある「街」となりました。
愛知県東三河の独自のカフェやスイーツ、グルメやお勧めスポットをお知らせします。
愛知県というと思い浮かべるのが名古屋やその周辺になりますが、今回は東三河の情報や穴場スポットそして、東三河ならではの独自のグルメやカフェやスイーツなどをご紹介していきたいと思います。 東三河というと田舎でなにもないイメージですが以外にも色々素敵なお店や飲食店、そして独自の スイーツや食べ物、穴場スポット等が盛りだくさんあり、蒲郡、豊橋は特に観光や町も栄えているため、人気の町として知られています。
ユーチューバー東海オンエアの故郷 愛知県岡崎市はこんなとこ!
10代や20代の人なら知っているであろう、youtuber東海オンエアの故郷岡崎市へ行ったことがあります。 岡崎市出身の有名人というと他にも天下人である徳川家康を思い浮かべると思います。市の中心には、名古屋鉄道の大きい駅である東岡崎駅があります。