私『ストーカー被害に遭ってる』警察「つきまとわれてる?いいじゃない、モテて~」その後ICレコーダーと日記帳を買い、警察のアドバイス通りにしたら…

数年前に体験した事。
大した事じゃないけど少しだけフェイク入れます。

第1の修羅場。
面識のなかった元同僚にストーカーされ、
家凸、会社凸、挙げ句には子供の学校にまで凸された。

 

何度も話し合いの場を持ったがまるで話にならず、
最後には「俺の言うことが聞けないんだったら消す」
とまで言われ警察へ。

しかし警察は糞の役にもたたなかった。
これが第2の修羅場。
当時はまだストーカーが
そこまで問題になっていなかったからか
対応はひどいものだった。

「つきまとわれてる?いいじゃない、モテて~」
「最近多いんだよね。痴話喧嘩の仲裁に警察を使う人。
うちらもそんなに暇じゃないのよ」
「てゆうかまだ相手と付き合ってないんでしょ?
1回だけ試しに付き合ってあげたら?」

そしてトドメに
「ストーカー規制法ってのは
恋愛関係にあった男女に適用されるものなの。
あなた達付き合ってないでしょ?」
「自分でもっと解決する努力をして、
それでもダメならもう1回相談にきたら?」
で、追い返された。
この時ほど警察の無能さを感じた時はない。

私は、自分で何とかするしかない、と
覚悟を決めすぐにICレコと日記帳を購入。
更に携帯のメールが全てPCに飛ぶように設定。
とりあえず警察のアドバイス?どおり、
まずは元同僚の親に事情を説明し
元同僚を説得してもらう事に。
で、単身元同僚実家に乗り込んだ。

実家には元同僚母が1人でいて、
母は元同僚に席を外すように言い
私と母2人きりの話し合いが始まった。
もちろん会話は全部録音。
で、この話し合いが第3の修羅場だった。

以下、私と元同僚母の会話

「初めまして、ムチュコタンの母です。
主人は〇〇生まれの〇〇育ちで
今は〇〇で部長をしておりますのよ~」
私の話も聞かず
ひたすら「うちは名士」自慢を聞かされる事1時間。

その後

「そんな我が家に、あなたみたいな
どこの馬のほねかも分からないような子供に
嫁に来てほしくないけど、
でもムチュコタンがどうしてもって言うなら仕方ないわね。
しっかりうちの家訓を私に習って精進しなさいね」
といきなりの嫁イビリ宣言。

そうか!元同僚母は
私が結婚の挨拶に来たと勘違いしてるんだ!と気付く。


「いえ、今日はそういうお話ではなく。
お宅のムチュコタンにつきまとわれて迷惑してるので
止めさせて頂きたく相談に来ました」

「あら!そうなの?
じゃぁあなたはムチュコタンとはお付き合いしてないのね?」

「してません」

一瞬喜んだ風に見えたけど、
すぐに不機嫌そうな顔になった元同僚母。


「今、あなた何て言ったの?迷惑って言ったの?」

「はい、言いました。迷惑です」

「あなた!何様のつもりなの?!
うちのムチュコタンに好かれて迷惑だなんて!
有難いと思いなさいよ!謝りなさい!」

97: 名無しさん@おーぷん 2017/02/14(火)18:32:29 ID:wZO

「あなたみたいな貧しいうちの子が
うちのムチュコタンに好かれたのよ?
だいたいムチュコタンのどこが嫌なの?」

「全部です。てゆうか、私、
あなたのムチュコタンの事よく知らないですし」

「知らないなら教えてあげるわ!
ムチュコタンはね、優しくて男気があってかっこよくてウンヌン」

ここからムチュコタン自慢が延々1時間以上。


「こんな素晴らしいムチュコタンは他にはいない!
世界で1番素敵な男性よ!」

私(絶句)


「あ!今のは主人には内緒よ?
主人もムチュコタンの事が大好きだから
嫉妬するわ~(ハァト)うふふふ」


「…そろそろ帰りますね。
次に何かトラブルあったら警察呼びますから」

「あなたねぇ、意地を張るのはみっともないわよ。
1回くらい試しにムチュコタンと付き合ってあげなさいよ。
ムチュコタンだってバカじゃないんだから、
あなたと自分が合わない事に
すぐ気が付いて別れたがるから」

「無理です。失礼します」

「まぁ!無理ですって?!
この事、主人にしっかり報告させてもらうから!
覚えておきなさい!この親なし???!」

とりあえず、
相談に行きましたって証拠が欲しかっただけたから、
別に本気で解決してもらおうと思って
行ったわけじゃなかった。
けど、このキチ母には本当に驚かされた。

ちなみに、後出しになっちゃうけど、
この当時で元同僚40代、100㌔オーバーの超ピザ。
元同僚母は70過ぎのヨボヨボばあちゃんだったから
余計に気味が悪くてひいた。

この後色々あって、
最後には警察に介入して貰って今は平和になったけど。
最初にストーカーされてから解決するまでの3年半が
私にとっての最大の修羅場でした。