ラーメン屋ネギミソチャーシュー麺(¥900)を頼んだ。10分後、出てきたのはシイタケソバ(¥750)だった。会計する時に衝撃が

たった今体験した衝撃的な出来事。

ド田舎のラーメン屋に入った。
店員4名、全員中国人。
ネギミソチャーシュー麺(¥900)を頼んだ。

10分後、出てきたのはシイタケソバ(¥750)だった。

「俺はこんなの頼んでいない。俺が頼んだのはネギミソチャーシュー麺だ」と主張した。

さらに10分後、出てきたのは五目中華そば(¥800)だ。

「あのね、また違う・・・・

でも、もう時間がないからこれでいいよ。伝票書き換えて」と言って

望みもしない五目中華そばを食った。

会計する時に衝撃は走った。

俺の伝票には

ネギミソチャーシュー麺(¥900)

シイタケソバ(¥750)
五目中華そば(¥800)
が計上されていた。

しかも、合計金額が¥2500となっており
計算までしっかりと間違ってる。

「俺は五目中華しか喰ってないだろ!」と怒鳴ったら

「すいません・・・」といいながら伝票を書き直した。

1000円を払って、お釣を見た。
200円戻ってくるところ、150円戻って来た。

これが中国人クオリティなのだと、実感した。