友人「後続車ベンツや!スモーク張ってるし、ヤバそう!」男「煽ってすまんかったな勘違いや」俺達「マジ怖かった」友人A『俺、見てもうた気がする』

友達と山にドライブに行ったとき、深夜でしかも霧がかってたので、
後続車もないしチンタラ走ってたんだ。

 

俺たちは頂上付近の展望台を目指していた。

すると、かなりのスピードで俺たちに接近してくる後続車。

後ろにいた友人が「ベンツや!スモーク張ってるしやばそう!!」と。

運転手だった俺は、停車するにもこの勢いじゃ追突される・・・!と思い、
アクセルを踏んだ。

まだまだベッタリとケツに張り付いてくるベンツ。

霧などお構い無しに勘だけを頼りに車を走らせていると、ようやく展望台が
見えてきた。

俺は展望台の駐車スペースにスっと車を入れた。

「これで前に行かせられる・・・」とホッとしていられたのもつかの間。

ベンツも同じように停車した。

しかの出入り口付近に停車しているので、逃げる事も出来ない。

俺たちは恐怖のあまり車内で黙るほかなかった・・。

そして、ベンツからいかにもな風貌の男が二人降りてきて、
俺たちに近づいてきた。




⇒続きはこちらから