私『うちは貧乏だったよね』母「給料もボーナスも普通に貰ってたよ」私『は?じゃあそのお金はどうしたの?』→驚愕の事実が…

子供の頃、うちは貧乏だと思っていた。
私が小学校にあがる頃まで風呂は薪で沸かしていたし、
その後ガスに替えても当然シャワーはない。
体を洗うための石鹸と
家族共有のジャンプーはかろうじてあったけれど、
リンスや洗顔料などはない。
掃除機もなく、洗濯機はたびたび止まる年代物だった。
靴下は穴が開いたら自分で縫い閉じていた。
服は父方の親戚からもらうお下がりを着ていた。

中学生になってよりいっそう、
うちは貧乏なんだと思うようになった。

ただ、中学校は制服だったから
毎日着る服をなんとか工夫しなきゃという
気苦労がなくなって安心した。





⇒続きはこちらから