俺「ねぇ、何で浮気したの?」嫁「は?」俺「実は興信所に調べさせた」→嫁からまさかの言葉が・・・

俺—30代前半 自営    外見とか収入とかは人並み
嫁—20代前半 外資系社員 外見も収入も並以上、いや外見はかなり美人(モデル並)
結婚3年弱、小梨、ここ1年レス気味(月1くらい)

俺は自営業と言っても在宅ビジネスのようなもので、家にいる時間が長い。
嫁は外でバリバリやってるので炊事やら洗濯やらの家事なんかは専ら俺の仕事だ。
嫁のパンツを洗濯して干すのだけはいつも抵抗があったのだが、まあこれで幸せが
成り立っているんだから仕方ないと割り切って頑張ってた。
嫁は嫁で若さに充ち溢れて一生懸命外で仕事してるし、だから俺は自分の仕事を
こなしながらも嫁が疲労でバテたりしないように仕事の合間を縫って料理の
勉強なんかもしてた。愛する嫁がバランスよく栄養採れるようとか考えたりね。

もともとが若くて美人で優秀な嫁。俺にはもったいないくらいの自慢の嫁だし、
この結婚は俺の執念と挑戦魂、そして1にも2にも努力なくしては成立し得なかった
結婚だったんだろう。努力は並大抵ではなく、時に折れそうになったりもしたが、
それでも結婚自体は幸せだった。少なくとも俺(バカ)は2人の幸せを信じて疑った
ことはない。いや、なかった、今日までは。

ある日、俺は家での仕事作業中、休憩がてらにネットを開きこんなサイトを見つけた。

【萌えたコピペ】というサイト

主に2ちゃんで投稿された体験記のまとめサイトみたいなものだけど、ここのサイトの
「修羅場の話」というのが非常に面白かった。他人の不幸は蜜の味という感覚はなかった
けど、まるでネタのようなありえない話と展開がすごく(本当にネタかもしれないけどw)
なぜかハマってしまった。そして俺はその日から休憩をとる度にこのサイトに綴られて
いたハイテンションな不幸話を1日1話ずつ、ゆっくり読み進めて行った。

 

そんなある日、突然俺の脳裏にある思惑がよぎった。

「もしかしてウチの嫁もか?」

とにかくこのサイトの不幸話には「女のしたたかさ」「人間の愚かさ」がズラリと
並べ揃えられている。そしてきっかけはいつも偶然だったり、とにかく「ある日突然」
の出来事だ。被害者男性はみんな自分がそんな目に合うとは夢にも思ってなかった、
ということも実に共通している。
俺はつくづく馬鹿な発想だと思いつつも、嫁が浮気をしていることを頭の中で
シュミレーションし始めた。

もし、浮気していたら・・・。

あのサイトに綴られている不幸話の投稿者たちに感情移入をするように、そして自分たち
のケースに当てはめるように考えていった。
これといって嫁に疑わしきところはないけれど、いやまてよ、そういえばここ1年くらい
は俺が嫁の携帯を触ろうとするのを嫁は「極端に」嫌がるような・・・。
いやいや気のせいだよ、そんなものはプライバシーだしねえ、誰でも嫌がるよ・・・
なんて思ってみるが、すでにあのサイトの不幸話に脳みそを侵されちゃってる俺は脳内
シュミレーションをを続けていった。そして・・・

ちょっとカマかけてみるか・・・?

軽い気持ちで作戦を練り始めた。あのサイトから「浮気する女」のリアクションやら
常套文句やら癖やらを自分なりに読み取って、シナリオを作りだしていった。

(これで何も出てこなかったらまた高価なモンおねだりされてしまうな、まあそれも
いっか!嫁にプレゼントをするのは嫌いじゃないし♪)

なんて考えていながらだが、実際は随分入念に下準備したような気がする。
まあ物的証拠とかそんなものはなにもなかったし、追尾して手に入れようとかも
考えなかったのだが。

そして、今日「脳内シュミレーション」は決行の日を迎えた。

 

609: 自爆男 2008/07/20(日) 02:00:49
土曜日だったこともあって、嫁は昼過ぎまで寝ている。
俺は紅茶と軽い朝食を用意して嫁を起こした。
嫁は今日も美しい。寝起きのすっぴん姿がこうまで映える女も滅多にいないだろう。
ひとしきり洗面を終え、用意した紅茶と軽食を啄み、目を覚ました嫁を確認して、
俺は作戦を開始した。

俺「ねえ、なんで浮気したの?」(唐突に)
嫁「は?」
俺「俺が知らないと思ってたんだ。30年以上も生きるとねえ、そんなに馬鹿じゃないよ」
(いや、こんないたずらしようと思うほど馬鹿なんだけど)

そしたら本当に、
嫁「・・・・」

俺「!!」(え!?)
しかしまだ慌てない。シュミレーションしたんだからもうちょっとやってみよう。

俺「いや、悪いと思ったんだけど気になることがあって興信所に頼んだんだよ」
嫁「え!?」
俺「写真もあるよ」
嫁「なんの?」
俺「おまえとあの男がホテルに入ったところ、もちろん車の中とかね」
嫁「なに言ってんの?じゃあそれ見せて」

俺も自分がなに言ってんだか、少しどころじゃなく不気味な男だと思ったんだが、
しかし・・・そのときには既にもう、嫁の異変に気付いてしまった。

ああ・・・まったく予想しなかったことになりそうだ。
いや、勘が働いていたのか?それともこうなってほしかったのか?
俺は自分のしたことに後悔し始めていた。たった数行の会話でここまで人生が
変わるのか。

 

611: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/20(日) 02:04:29
そのコテで結果が見えてる
5点

 

613: 自爆男 2008/07/20(日) 02:15:45
そっか、完全にオチが見えてるよね。
俺も実話だけに、今精神状態がメロメロで、スルー推奨した割に
今日は普通の煽りにも耐えられないや。
もうちょっと続きを書いたんだけど、もうやめとくか。

 

614: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/20(日) 02:19:39
生まれて初めての紫煙!書いてくれ

 

615: 自爆男 2008/07/20(日) 02:20:32
ありがとう。つまんない話ですが聞いてください。

 

616: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/20(日) 02:21:22
ここまで書いたんだから最後まで吐き出しな
四円

 

617: 自爆男 2008/07/20(日) 02:21:44
明らかに嫁の異変に気づいた俺。
もうここまできたら最後までやってみよう。

俺「写真見せないと話してくれないの?俺はさ、おまえの口から話してほしいんだけど」
嫁「・・・・」
俺「見せるのは簡単だけど、まだコピーしてないから。ここでおまえに破り捨てられたら
相手の男から慰謝料請求できないし」

もうここまで言ったら冗談でーす!びょびょびょびょーんとか絶対言えない。

嫁「(溜息)」
俺「俺はおまえにやさしくしてきたつもりだけどな、おまえにとって俺ほどやさしい人間
はこの世にいないと思うくらい」
嫁「だからなにもしてないって」
俺「モナみたいに神に誓うか?違うだろ、あれは『ヤリました、酔っ払ってました、
バカでした、責任とります、だから当分自粛します』とでもいうところだったんじゃ
ないか?そう言うことで世間は復帰するまでのモナを理解するんじゃないか?」

心の中では、もうなぜこんな話になっているのかと。そしてシュミレーションしつくした
せいかおかげか、ポンポンと口から出てくる言葉が実にキモい。割愛している部分がある
が、実際は実に饒舌に誘導尋問してしまった。

俺「まずはおまえの口から『ごめんなさい』を聞きたいね」
嫁「・・・・」
嫁「・・・・」(折れた音がした)
嫁「ごめんなさい・・」
俺「ブッ・・・・」(マジでげっぷ出た)

なんだろこの展開。本気で目が廻って倒れそうになった。