7年付き合った彼女にプロポーズした。彼女「将来四国で暮らすのは、やっぱり無理」振られたので新しい彼女と結婚することにした。元カノ「やっぱりプロポーズ受けることにした」

去年の11月22日に交際期間7年の元彼女にプロポーズしました。
彼女から返ってきた言葉は「考えさせてほしい」だった。
その後、「将来四国で暮らすのは、やっぱり無理」と言われ、振られた。
OKがもらえるものとばかり思っていたので、結構ショックだった。

年末に帰省し、父から、そろそろ家業の税理士事務所を継ぐために戻らないか言われて

父は60過ぎでまだまだ元気だが、東京にいる理由もなくなったので、近いうちに退職して、
税理士事務所を手伝いながら、公認会計士の仕事も行い、事業を引継ぐ話になった。
弟は勤務医、妹は薬剤師と、別の道を選んでいるので揉めることはない。
父の後を継ぐのは、自分と育てられたので、思ったより早く修行を切り上げるだけのことだった。

正月明け、職場に3月末での退職願を申請、いろいろあったが結果、6月末の退職で承認された。

職場の飲み会で彼女と別れた話をしたら、一挙に広まった。
部下で一番かわいい女の子から、「私、彼氏いないから、いつでも相手しますよ」と言われ、これはラッキー
と食事に誘い、休日も会うようになり、付き合うようになった。
前々から、かわいい子だと思っていたが、上司と部下の関係もあって、疑われる接触を避けていたが
残り半年なのでどうなってもいいかと思った。

[ad]