他界しようと雑木林に行ったら、何かがおかしい・・先客がいた。警察『身分証見せろ』俺「持ってません」警察『あれ?この放置された車は?』結果・・・

需要あるかな?

因みにここ数年の話だ

当時18歳
身長165cm

当時俺は専門学校で部活内での人間関係に行き詰まり

勝手に一人行き詰っていた
オマケに寮生活で上手くストレスを吐き出せず
ネトゲばっかして勉学を疎かにしていた・・・
俺は部活で部長をしていたんだが
どうも同級生との関係が上手く行かないながらも
部を良くしようと毎日頑張っていた

でも、今思うと独断専行で
周りの事など考えず進んでいたために
結果として部内で孤立してし、

ペアを組んで国体に出た奴にも三行半をくだされ
それをきっかけに部活を辞めて2週間実家に帰った

 

専門学校も4年生で親や担任も
「せっかくここまで来たんだから
卒業しないともったいないよ」と言われ
(因みに俺の通っていた専門学校は特殊で
4年6ヶ月と1年の実習の後に卒業となる)
俺は渋々寮の生活に戻った

しかし、1年2年では勉強に打ち込めたはずなのに
全く勉強に打ち込めず
2週間の分もの授業に遅れてしまった・・・

 

そんなこんなで試験でも赤点が多かったり
他のやつが就職に真剣に取り組んでいるのに
俺だけが浮いているようにダラダラと授業を受け、
逃げるようにして校舎から
寮の自室のネットに逃げる日々が続いた

 

部活を辞めてから心身的にもおかしくなっていた俺は
母親や担任に勧められ心療内科にも行った
しかし、話は聞くが聞くだけでお薬を出して終わり、
と言った具合で行って帰ってくるだけで金のムダだった

 

7月、8月と終わりやっと夏休みだが其の年は違った
学校の制度が変更になるらしく、
ちょうど俺の学年は夏休みに
ひと月だけ実習に行くことになった
そう、夏休みを全て使ってだ

 

実習は楽しかった
しかし、周りの奴らが資格を取ったり
しっかりと目標をもってるのに、
俺だけ何も考えずダラダラと過ごしている

実習中にある少し勉強すれば合格するような試験でさえ
再々試験になるほど俺は気力を失っていた

 

この頃から
「親に高い金を払って貰いながら
何も出来てないじゃないか、
周りの奴らはしっかり目標をもって
それに向かっているのに・・・」

こんな事を考えながら
もうしんでしまいたいとかんがえる様になった

そして、実習も終わり寮生活に戻った

 

寮に戻ってからも辛かった
今まで所属していた部長として生き生きして居たのに
今じゃ無所属で部屋篭もり
学校では真面目一筋で過ごしてきたが
授業で居眠りしたり忘れ物をしたり、
もう落ちこぼれの完成だw

寮じゃ人目を避けるように移動し、
食事も寮の同級生と離れたり
グループに入っても会話できずwww

 

実習後の10月11月・・・と過ぎ
平日は授業が終わった後は
適当に決めた卒検の担当教師の所に行って
ダラダラと課題を行った
そして寮に戻り食事風呂を済ませ、
ラジオを掛けながらネット三昧だった
休日なんか朝起きてからずっと
パソコンの前にいるのがデフォだった

 

12月頃からシのことを考えることが多くなった
それまで突発的に少し考えることがあったが、
この頃から1日最低一回は考えるようになってしまった
昼休憩に自室に帰ってきてベットに寝転がって
「このまましにに行こうか」と考えるくらいだ

しかし、授業は休まなかった
(正確には気持ち的に休めなかった)

 

冬休みに入ったが正直全く記憶に無い

1月は「なんか毎日寒かったな」程度で2月に話は飛ぶ
この年は夏休みの実習分の休みを兼ねて
2月半ばから4月始めまで約一月半の長期休暇だ

だが、俺には全く関係なかった
いつもの授業態度に試験結果だと留年は決まっている
オマケに、留年となったら
4月から後輩と共に夏休みにあった実習が半年間もある

「行けばいいじゃん」と思うが、
当時の俺にとっては絶望的状況だった
今まで学年内でも、
そこそこの成績で学年を上がってきたのにこのザマだ

留年通知日の前日、俺は決心した

しのう・・・と

 

 

その時、俺は実家に居た
場所は実家から1つ県をまたいだ所に有る
有名観光地(と行っても昭和だが)でもあり
そっち方面でも有名スポットでも有るところにした

何故か分からないが、
道中妙にテンションが高かったと思う(一人だけど)
身分証明書の保険証や名前の入ったカード類は家に置いて、
親には「学校の再試」とウソを付いて
教科書類も偽装のために持っていった

 

妙に細工をするため学校に向かう列車に乗り、
途中のそこそこ大きい駅で
偽装荷物をコインロッカーにしまった
携帯音楽プレーヤーも
自分を示すもの全部を手放してスッキリした

ちょうど8時頃、冬の朝のラッシュ時
一人ぼーっと登ってくる朝日を眺めた
周りが仕事、学校又わ旅行とそれぞれ目的を持って
大小様々な荷物をもってるなか俺は手ぶら
流れていっく車窓を眺めながら
通学する学生の会話を聞いたりしながら時間を過ごした

 

気づけば、乗り換えをしてから残った乗客は俺だけ
窓に目を遣れば風も弱く空は雲ひとつ無い晴天

これからしにに行くというのに、なんていい天気なんだ
だが、自分の状況を考えるとそんな考えはすぐに消え去る

俺の様な人間はしぬべきだ
その方がきっといいに決まってる
俺はただ電車に揺られ目的地へ向かった

 

目的地に到着した

駅はそこまで多くはないが観光客でごった返している
今からしにに行くのに自然と観光客の会話に耳を傾ける

幼稚園程度の子供を連れた家族 カップル
中国語か?タイ語か?はたまたハングルだろうか
外国語を話す外国人旅行者
この人達は観光をして楽しんでから
またこの駅で列車に乗って家に帰るんだろうな

「歩こうか?いや、シ人に銭は必要ないなw」
俺はタクシーに乗って最終目的地に向かった

 

やっとの事、目的地に着いた
人が多い
そう言えば今何時だ?と、
母が買ってくれたG-SHOKを覗こうとした

そうだ置いてきたんだ・・・

仕方なく設置されている時計で確認する
午後1時過ぎだ、昼飯を食おうにも
残金をタクシーで全て使ってしまったので
残ってるはずがない

仕方なく俺は辺りを見回した

 

俺は日が暮れるまで人のいる所から離れ
近場の雑木林の奥を探索した
少し進むとイバラ道があったが
ブーツを履いているお陰で難なく進めた

少し進むと腰までの高さの有る
枯れ草が生い茂った開けた土地に出た
そこに、座ってくださいと言わんばかりに
大きい石がありそこで時間を潰すことにした

 

座ったはいいものの
空っぽの財布とハンカチーフ以外持っていない
最後に読む小説の一つでも持ってくるんだったなと
内心思いつつ辺りを見渡す

どうだろう10Mほど先にぽっかり人が通った様な
(その時はそう見えた)
後が薄暗い雑木林に道が続いていた

よし、行くか
イバラに注意しながらほとんど足元を見ながら
雑木林の奥へと進んだ

どれ位進んだだろうか?

足元しか見てないからよく分からない
俺は振り返るため顔を上げた

・・・・・人がいる?

 

何かがおかしい・・・
しかし、他には誰も居ない

俺は「スミマセーン」と2回呼びかけたが気付いた

変にデカイ人だな・・・
あれ?何か巻きつけてないか?

俺はその瞬間全てを理解した

先客だった