クレーマーの私『店員の表情が暗いし食欲が失せた』店本部「申し訳ございません」後日、旦那「身に覚えのないクレームで昇進できなかった」結果…

旦那や子育てのストレス発散のために
よく行く近所のファーストフード店の店員さんに

クレームを行くたびに入れまくっていた。

週末は家族で、平日は幼稚園のバスの

お迎えの後ママ友とよく行っていた。

ターゲットは眼鏡を掛けた
地味で暗い感じの高校生の女の子
(某公立のスポーツの名門高校の制服で
入店してるのを見たので)。
そういう子は眼中に入るとイライラする。

一度キッズメニューの玩具(ランダム式)が
ダブったから交換して欲しいと頼んだら、
開封済みは出来ないと断られ、

他の店舗ではやってくれたのに信じられないと思って
怒鳴りつけ店長呼んでもらったのがきっかけ。

そしたら店長に裏に呼び出されて

怒られてるのをみて気分が晴れたので、
クレームを入れて自主退職に
追い込ませようと思った。

下手に振舞ってその女の子に
「もしや、この人か?」と思われないように、

店に入ってその子がカウンターか
ドライブスルーなのかを確認。
カウンターでもドライブスルーでも
普通の人のように振る舞って注文して
店内で食事したり持ち帰りをしたりする。

で帰宅してしばらくした後、
表情が暗くて食欲が失せたとか
かなり待たされたとかクーポン番号が違うとか
ホットコーヒーが冷めてるなどと
クレームを名指しで電話や本部にクレームを入れる。

もちろんこれらは全てでっちあげの嘘。
旦那や子供がいる時は、旦那に怪しまれないよう
私の分だけ本当に頼みたいものではない、
どうでもいいクーポン番号を伝えたりしていた。

そしたら、効果が出たのかその女の子は
他の店員に横から急げ急げと煽られてるのを見て

観察してると入れ忘れを3回ぐらい続けてて
怒られてるのを見てザマァ見ろと思った。

もちろん同じ番号ばかりで怪しまれて
特定されるのが嫌なので電話は非通知で、
本部メインで書き方を変えて
クレームを入れて楽しんでいた。

それを続けてたら、旦那が取引先から名指しで
見に覚えのないクレーム入れられて
課長に説明しても聞く耳持たずで
問答無用で始末書を書かされ主任候補だったのに
主任に昇進できなかったと落ち込んで話してきた。

私はその糞な課長や取引先と同類だったのか、
私のせいで旦那に天罰が下ったのかと思い
クレーマーごっこをやめ、
そのファーストフード店にも
子供やママ友が行きたいと言っても
断ったりして行かなくなった。
旦那のおかげでクレームを入れなくなったのだし、
いいきっかけになったのかもしれない。