韓流LP

夜の峠をドライブしていると、手に「東京」とヒッチハイクの女の子がいた。俺「こんな時間に大丈夫?」女『明るい所まで乗せてもらえませんか?』いきなり泣きだしまさかの展開に・・

韓流LP

もう大分前だけれど、ヒッチハイクが流行った頃の話。

車好きな俺は仕事が終わってから夜の峠をドライブしていたら、中腹辺りに差し掛かった所で人影を見つけた。

手に「東京!」と書かれたダンボールを持った女性がブンブン手を振っていた。

たまたま開けた路肩だったので、停めたら走り寄って来た。

俺「こんな時間に大丈夫??」

女「すいません、明るいところまででいいので乗せてもらえませんか!?」

聞いたらどうも乗せて貰った相手にからかわれたのか、中途半端な中腹まで連れてこられて下ろされたとか。

車の助手席に乗せて話を聞いていたけれど。段々怖くなったのか泣き出してしまった。
そりゃ下手すれば襲われててもおかしくなかったもんなぁ…
名古屋からずっとヒッチハイクで移動してきてここまで辿り着き、目的地の東京は自宅との事。
まぁこれも何かの縁かと思ってそのまま東京まで送っていった。
ただ時間も時間だった為、東京に着いたらそのままとんぼ返りで高速に乗らないと仕事に間に合わなかったので、
自宅まで送ったら早々に帰ってきた。
別れ際に後日お礼がしたいからと連絡先を聞かれたが、別にそんなのどうでも良かったし断ったものの押し切られ、
名刺を渡して帰った。

 

後日連絡があり、わざわざこちらまで挨拶に来ているとの事だったので、慌てて仕事帰りに時間を決めて会った。
改めて会った時はちょっとびっくりする位に綺麗に変わっていて驚いた。
聞けば大学1年生で、友達数人と同じような事をしていたらしい。
大学でも事の顛末を話して、友達にもちゃんとお礼を言いに行かなきゃって言われたらしい。
結局お茶した後に車でドライブして、結局また都内まで送っていった。
その間の数時間お互いの話をして意気投合して楽しかった。
その後も頻繁に電話やメールのやりとりをし、仕事が休みの時には遊びに行ったりして付き合いが始まった。

その後彼女が大学を卒業する年に俺自身も都内に転勤が決まり、同棲開始。
そこでお互いに大型二輪の免許を取り、一緒にツーリングにも行くようになった。

翌年の6月に結婚、入籍、やっと子宝に恵まれ間もなく子供も産まれる。
バイクに乗れないと不満気だが、今度は新たに車を買って家族でドライブに行こうと思う。
あの時停まっていなかったら、きっと今でも車転がしていたのかな。

 

335: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)11:31:37 ID:Rpn
>>333
すごいであいだな
女であっても夜にそんな人いたら怖くて乗せられない

 

336: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)11:54:17 ID:Sp4
>>335
まぁ普通はそうだと思うよ。
ハイカー後部座席に乗せてやったら襲われたとか事件であるしね。
当時乗っていたのがロードスターだったのもあって、襲われたりはないかなーなんて思ってた。
あと場所的にもあまり車が通る峠道でも無かったので何かあったのかと思ったのもあった。
まぁそんな偶然とかが重なったからこそだろうね。