嫁が、男とドライブ中に事故で他界。警察『このノートを落ち着いて読んで下さい』俺「何だこれ」俺の単身赴任中、家がメチャメチャに…

単身赴任中に嫁さんが事故シ
警察からの連絡に駆け付けてみたら
男と二人でドライブ中の事故

運転は男、
嫁さんはなぜか妊婦、男からは違法薬物と
てんこ盛り過ぎて警察署で吐く

自宅に帰れば親父と離婚後俺達子供の間を
転々としてるクソ母が嫁のアクセサリ類を
処分させろとか言ってきた

ちなみに嫁の持ち物は形見分けもクソもなく警察が押収
嫁実家からお前のせいだの大合唱、
確か搾取子扱いで疎遠にしてなかったっけお前等

一週間くらいして警察から呼び出し、
前と違って超低姿勢
窓口行ったら応接室に通され、
嫁の事あれこれ言ってた横柄な刑事じゃなく
副署長が出てきた

落ち着いて読んで下さいと
手渡されたのは一冊の大学ノート
中身には俺が単身赴任してからの日々が
日記形式で綴られてた

最初の内は日々の生活の話だったが、
俺達兄妹持ち回りであるクソ母を
引き取ってから内容がおかしくなる

俺は宿泊施設代送って
家に入らないよう厳命してたんだが
クソ母は平気で我が家に入てった、
彼氏も連れて
その彼氏が嫁と事故シした男

 

話を要約すると、
クソ母は彼氏に捨てられそうになったんで
生贄として嫁を差し出しやがった
何度も会ってたのに
全く気付かなかった俺自身に心底サツイが湧いた

嫁と俺は計画子無しで、
単身赴任が終わったら考える予定だった
嫁実家はそこが気に入らず、
さっさと新しいおもちゃ(孫)を寄越せと
ずっと思ってた処に男の登場である

嫁がいびれるなどのクソみたいな目的の為、
俺のクソ母と手を組んだらしい
嫁の日記にはそこまで書いてあった

 

その後男は嫁を落とした事に味をしめて、
嫁の妹にも目を付けたらしいが
こちらは嫁実家のガードと
嫁自身も必死に庇って無事だったらしい
スポンサードリンク

嫁の妹は事の顛末を知って実家から逃亡して
嫁を助けようと頑張ってたらしい(後で知った)
ここまで知ったんで、

しのうとか変な事考えないで下さいとか
励ましてくれる副署長さんに
適当に返事をしておいて復讐を決意した、
八つ当たりとも言える

まず主犯がしんでる上に
シ後の名誉とかも消し飛んでる、
コイツはどうしようもない
だから最初の的はクソ母

赤子の手をひねるより簡単だった、
弟妹にこの事実を伝えたら終わり
誰もクソ母を引き取らない、

金も渡さない家にも入れないを徹底
知らない公園でしのうとして
餓シしてるのが見つかるまで半年掛からなかった

一応葬式は俺喪主で上げた、
弟妹は全員来たが誰も何も言わずに解散した、
弔問客はゼロだった

嫁実家には何もしなかった、
と言うか俺が何かをする暇もなく嫁の妹が
自分の伝手を総動員して実家を潰していった

嫁父は職を失い、
嫁母は近所の信用を失って孤立、
ローンが残ってたらしい家は差し押さえられ、
その後どこに消えたかは知らない
嫁妹とはその過程で会って土下座された、
俺にそんな価値ないのに

主犯はしんでて、やらかした奴もしんで
黙認した奴等も消えたんで、あと残るは一人
嫁の窮状を気付かずのうのうと生きてた
俺というクソ野郎一人

無論これはシの宣言とかじゃない、
そんな楽な末路は用意しない
これから先一生嫁の位牌抱いて墓に手を合わせて、
罪悪感抱えて生きていく予定
少しでも長く辛い思いをするよう、
健康で明るく嫁の望んだ通りの俺を演じながら
一生一人で生きていく

誰かに話して心を楽にするのもこれが最後
長々とスレ汚して済まん、
ただこれだけのクズの懺悔でした