千葉県船橋アンデルセン公園の楽しみ方!子連れに人気のたくさんのエリアを制覇せよ


千葉県の観光ならこちら

「船橋アンデルセン公園とは」

船橋アンデルセン公園とは、船橋市が運営する市営の公園です。広大な敷地の中にたくさんのアクティビティが詰まっており、一日中楽しめる子連れ向けの公園として人気を集めています。

「アンデルセン公園でできること」

アンデルセン公園は大人900円、幼児(4才以上)100円で入園可能です。
園内には以下のようなエリアがあります。

・アスレチック
・こども動物園
・じゃぶじゃぶ池
・野外ステージ
・バッテリーカー
・工作アトリエ
・芝生広場
・絵本館

そのほかにもさまざまな遊び場が目白押し。子供にとってはまさに遊びの天国です。

「テントを持って遊びにいこう」

船橋アンデルセン公園の楽しみかたとしておすすめなのは、レジャー用のテントを持参すること。それを大きなアスレチックの前の芝生広場に敷き、貴重品以外はそのテント内に置いたうえで園内を移動すると荷物が少なく、疲れにくいです。

さらに芝生広場の前にはフードコート施設があり、お昼になったら購入したご飯をそこで食べることもできます。休日はフードコート前の席が混み合うことがあるので、テントがあると便利ですね。もちろん、お弁当を持参してもよいでしょう。

「こども動物園には昼休みがある」

こども動物園はアンデルセン公園の中でも人気がある施設ですが、お昼になると昼休みになります。12時から13時半まではポニーやどうぶつとのふれあいができないため注意しましょう。
お昼休みの時間でも併設しているミニ鉄道や変わり自転車は営業しているため、そこで時間を潰していてもよいですね。

また、こども動物園のとなりの森にある芝ソリも人気があります。芝ソリは無料ですので、格好の暇潰しスポットになるでしょう。

「子供アトリエでものづくり」

暑い日や寒い日は、室内で楽しめるアトリエがおすすめ。一定期間ごとに作れる工作が変わり、何回来ても楽しめます。

[ad]

オリジナルのバッグ作りやコマ作り、スタンドライト作りなど、ブースが多数あるので、きっと好みのものに出会えますよ。

「クリスマスには穴場的なイルミネーションスポットに」

アンデルセン公園は通常17時までの営業ですが、クリスマスちかくには限定開園として夜にイルミネーションのイベントを行っています。知名度が低いためあまり混雑しないのに、中のイルミネーションはなかなか豪華、子供からカップルまで楽しめる装いになりますよ。

春夏秋冬、どんな季節でもたのしめるアンデルセン公園、ぜひ訪れてみてくださいね。
千葉県の観光ならこちら

千葉県はいいところない?今きてる!千葉県の魅力!都心からもアクセス抜群。
木更津、と聞いて皆さんは何県のどこらへんか分かりますか? 最近はよくテレビで放送されたりと何かと話題になりますが、木更津は千葉県にあります。東京湾沿いにあり、神奈川県の川崎からアクアラインで渡ったところが木更津になります。 因みに、アクアラインの住所を神奈川とか東京だと思ってる方がたくさんいらっしゃると思いますが、木更津になるんです!アクアラインにある、風の塔という場所があり、そこを境に木更津と川崎で分けられているんです。
レトロなマニアック遊園地、私の行ったベスト5
神戸と言えば、関東の横浜と並ぶ国際貿易港がある港町です。湘南海岸のように、関西有数の海水浴場として須磨海岸もあり夏場は賑やかな行楽地に変わります。神戸市須磨区の須磨海岸近くに、レトロな遊園地があり面白いと評判です。
「生田緑地」子連れで行く前に抑えておきたいポイント!
「生田緑地(いくたりょくち)」は、神奈川県川崎市にある都市公園です。 都心に近いのに面積が広く、敷地内には様々な施設があり、桜や菖蒲、紅葉なども美しい……。 そんな、ややマイナーだけど素敵で使い勝手の良い、生田緑地の魅力をご紹介します。
静岡県浜松市の『石人の星公園』はファミリーにもカップルにもおススメ!
浜松市の南部、有名な中田島公園から北東へ約1kmのところに、私がおススメする静岡県営都市公園 遠州灘海浜公園、通称『石人の星公園』はあります。 階段状の観客席を持つ芝生の球技場や遊具広場、サイクル広場などが美しく整備され、スポーツ・レクリエーションの場や、自然環境の学習の場として、県民に愛されています。