長久手市と言ったらモリコロパーク、IKEA(イケア) イオンモール長久手おすすめスポット


愛知県の観光ならこちら

私が好きな長久手市のスポットを紹介します。
まずは長久手市の紹介をします。長久手市は名古屋市の東部にある人口6万人ほどの市です。愛知万博が開催されるまでは、何もない自然豊な「町」でしたが、万博を機に開発され今では、新しい大きな家が沢山でき、活気ある「街」となりました。

その理由もあって市民の平均年齢が38.6歳(2015年国勢調査)と全市町村で最も若いまちとしても有名になっています。

私は知らなかったのですが、東洋経済新報社が全国の都市の公的統計を基に、それぞれの市区が持つ“都市力”を、「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の5つのカテゴリーに分類し、ランク付けしたものを公表している「住みよさランキング」で2位になっているようです。

最近ではイオンやイケアができ、今後、モリコロパークができると言われており、ますます注目を集めそうな長久手市を今回は紹介します。

いろんなスポットがある長久手市ではありますが、今回私が紹介するスポットは
・愛・地球博記念公園(モリコロパーク)
・IKEA(イケア)
・イオンモール長久手
を紹介します。

愛・地球博記念公園といえば2005年に開催された愛知万博のメイン会場として有名だと思います。地元の人は愛・地球博記念公園と呼ぶ人は少ないです。多くの人はモリコロパークとかモリコロって呼ぶかと思います。

モリコロパークの良いところは、広くて、毎週何らかのイベントが行われていて、特に理由がなくても行けちゃうところではないかと思います。

芝生広場は広くて、週末は家族やカップルがレジャーシート広げてのんびり過ごすしたりしています。

その他にも室内プールがあったり、スケートリンクがあったり、森の中を探検できたり、1日いても飽きないと思います。

もちろん万博開催当時人気となっていたサツキとメイの家も健在です。当時は長時間並ばないと入れませんでしたが、現在は、事前予約さえしてしまえば、すんなり入ることができますので、となりのトトロの世界をゆっくり満喫できると思います。

また、最近テレビ等で報道されていましたが、愛知県が愛知万博の理念を次世代へ継承するため、愛・地球博記念公園に、ジブリの作品を活用したジブリパークを作るとのことです。詳細については、まだ発表されていませんが、どうも1から5のエリアに分けるようです。

1青春の丘エリア 「ハウルの動く城」、「耳をすませば」
2ジブリの大倉庫エリア
3もののけの里エリア 「もののけ姫」
4魔女の谷エリア 「ハウルの動く城」「魔女の宅急便」
5どんどこ森エリア 「となりのトトロ」

今後の動向に注目です。

つづいて紹介するのは「IKEA(イケア)」です。


イケアはスウェーデンで生まれた大型家具メーカーのようです。家具だけでなく小物や生活雑貨もたくさん置いています。特徴としては家具を自分で組み立てるところです。

既に行かれた方はわかるかと思いますが、お店に入ると、いろんなコンセプトの部屋が用意されています。普通の家具屋ですと単純に家具が陳列してあるだけですが、イケアの場合は実際にレイアウトされているので、部屋のイメージがしやすいかと思います。

さらに家具と一緒に小物等も置いてあるので、自分のイメージとぴったりの部屋を作ることができると思います。
イケアには「スモーランド」と呼ばれる子どもを預ける場所があり、4歳から10歳の子どもであれば、1時間無料で預けることができます。1時間であれば、十分見て回ることができると思います。
また、イケアには座席数が800席もあるレストランスペースがあり、スウェーデンの伝統料理を味わえることができます。

レストランはセルフサービス形式で左右対称の2レーンあります。なぜかいつも入口近くのレーンがとても混んでいて、奥のレーンはガラガラ(たぶん2レーンあることを知らない)です。なので、レストランは奥のレーンを使うのが良いかと思います。休日でなければ、座れないことはないと思いますが、それでも混雑しますので、ベビーカー等を持っていくときは注意が必要だと思います。

料理については、ミートボールが有名なようです。手羽先が販売されていますが、これは長久手だけのようです。

その他にリニモでイケアに行くとソフトクリームがもらえたりするようですが、リニモで行くと家具を持って帰れなくなるので注意が必要です。

最後に紹介するのは
イオンモール長久手です。

イオンはどこにでもあるのでは?と思われるかもしれませんが、イオンモール長久手は、全国市町村の中で住民平均年齢が一番若く、子育て世代が多いということで、子育て世代の女性をターゲットとした売り場づくりがされているとのことです。

このため、化粧品売り場には、日本国内のイオンモールで初めての導入となる『リップバー』やパウダールームが設置されているようです。またイオンモール長久手には、久世福茶寮やSABAR、醤油ラーメン専門店 金久右衛門など東海地方初出店のお店も多くあります。
是非一度行ってみてほしいです。

今回紹介したスポットだけでなく、その他にもピエールプレシュウズの本店を始めとしたオシャレなお店が沢山ありますので、ぜひ一度行ってみてください。
愛知県の観光ならこちら

愛知県東三河の独自のカフェやスイーツ、グルメやお勧めスポットをお知らせします。
愛知県というと思い浮かべるのが名古屋やその周辺になりますが、今回は東三河の情報や穴場スポットそして、東三河ならではの独自のグルメやカフェやスイーツなどをご紹介していきたいと思います。 東三河というと田舎でなにもないイメージですが以外にも色々素敵なお店や飲食店、そして独自の スイーツや食べ物、穴場スポット等が盛りだくさんあり、蒲郡、豊橋は特に観光や町も栄えているため、人気の町として知られています。