知らなかった!制汗剤の正しい使い方とは?

制汗剤とは?

夏になると欠かす事ができないと言う人も多い制汗剤。汗のニオイが気になる人にとっては、毎日、助けられていると言う人も多いのではないでしょうか。

一言で制汗剤と言っても様々なタイプのものがあり、スプレーやロールタイプのもの。また、クリームタイプやシートタイプのものなどがあります。その為、自分にあったタイプのものを選び利用している人がほとんど。

しかし、そんな便利な制汗剤ですが、使用する際には、少し注意が必要になります。正しい使用方法を守らないと効果が期待できないだけではなく、悪影響を及ぼす場合も考えられるからです。

いつ、使用するべき?

では、制汗剤はいつ使用するのがベストなのでしょうか。それは、入浴直後。出来るだけ清潔な時に使用する事が必要になります。制汗剤の場合、汗をかいてから使用しても意味がありません。

汗をかくまえに使用する事で、雑菌の繁殖を抑える事ができ、結果、嫌なニオイを軽減させる事ができるのです。

その為、外出前、汗をかく前に使用し、その後、再度、使用したいと思う場合は、汗拭きシートを使い、一度、体を清潔にした後、使用する必要があります。

自分にあった制汗剤の選び方とは?

様々なタイプのものがある制汗剤。その為、どのタイプのものを選べば良いのか迷う人も多いと思います。そんな人は、まず、自分の汗のニオイの度合いを把握する事が必要です。

例えば、あまり気にならない軽度の人の場合、スプレータイプの制汗剤を使用すれば十分!また、もっと気にならない人の場合、汗をかいた際、シートで汗を拭き取るだけでも十分です。

反対にかなりニオイが気になる人の場合は、ロールタイプやクリームタイプのもので、しっかりと制汗剤を塗っておく事が必要です。その際、香料タイプの香りに頼るのではなく、必ず無香料を選ぶ事をお勧めします。香料タイプを使用すると、汗のニオイと混ざってしまう為、お勧めできません。