【ネタバレ注意】映画「検察側の罪人」の2分で分かる内容ネタバレ。正義とは何か?二人の魂がぶつかり合うラストは見ものだ!

雫井脩介の同名小説の映画化。ジャニーズ事務所の先輩・後輩である木村拓哉、二宮和也がダブル主演をすることでも公開前から大きな話題になった。

木村が演じるのはエリート街道を歩む検事最上穀。その最上が教官を務める修習生の研修の場で、検事の仕事とは何か、そして正義とは何かを熱く語る彼の姿に、二宮演じる沖野啓一郎は心酔しきっていた。

自らも検事になった沖野は数年の後、最上のいる刑事部に配属される。最上の下で仕事ができる喜びに沖野は満ち溢れていた。

そんな中、都内で老夫婦が刺殺されるという事件が起こる。老人は金貸しをしており、金銭上のトラブルによる殺人という方向で捜査が開始され、老人の自宅に残っていた借用証の中から容疑者を見つけようとする検察達。

その中に最上は、見覚えのある、そして忘れることのできない名前を発見する。

最上は北豊寮という学生寮で大学生活を過ごした。その寮の管理人の娘であり寮生たちのアイドル的存在だった由希が、ある日何者かによって無残に殺害される。重要参考人として名前があがりながらも決め手がなく釈放された男、その松倉重生の名前がその中にあったのだ。

この男こそ犯人と最上は信じて疑わずその名前を忘れたことはなかった。その松倉が容疑者にいる、今度こそ彼に罪を償わせなければならない、そう思った最上は松倉の自供を得るため、沖野に彼を追い詰めるように指示。

手を替え品を替えの沖野による厳しい取り調べを受けて松倉は、老夫婦殺しは頑なに否認するも、やがて由希殺しについてを自供する。

しかし由希殺しは既に時効を迎えていた。彼に償わせるためには、老夫婦殺しを認めさせなければならない、そう考えた最上は松倉を陥れるため、彼の部屋にあった犯行時刻彼が訪れていたという中華屋のレシートを握りつぶしてしまう。それは松倉の犯行時刻のアリバイを証明できるものだった。

そんな折、弓岡という男が居酒屋で酔っぱらい、あの老夫婦殺しは自分がやったと吹聴しているという情報が入る。

同じ頃、最上の北豊寮での親友であり現在は国会議員を務める丹野は収賄事件の容疑者として地検の取り調べを控えていた。しかし取り調べを前に丹野は飛び降り自殺をはかる。同じく議員である義父の罪を着て無実のまま死んでいったと信じる最上は大きく心を痛め、彼のためにも松倉を裁かなければならないという思いを強くする。

しかし今まさに自分自身が無実の人間を追い込み冤罪を生もうとしていることには気づいていなかった。

最上は密かに弓岡に接触し、事件の詳細とその時の凶器の包丁を手に入れる。この男こそ真犯人、しかしそれでは松倉が裁けない、そう考えた最上は謎のブローカー諏訪部から拳銃を手に入れ彼の助けを借り、弓岡をかくまってやると誘い出して殺害してしまうのだ。

手に入れた凶器を松倉のものである新聞紙にくるみ捨てる最上。やがて凶器は発見され、松倉が犯人だと主張するが、沖野と、事務官橘は最上に対して疑問を感じ始める。

なぜ包丁の指紋はきれいに拭き取られているのに、松倉は自分の手書きの書き込みのある新聞などにくるんで捨てたのか、なぜ今になってそれが簡単に見つかったのか。それに対して自論による殺害ストーリーを語る最上を信じられなくなった沖野は、橘と共に辞表を提出する。

橘は実は、検察の不正を暴くために潜入したライターであったが、そのことに気づかれ追い込まれていた。しかし彼女は仕事を離れ沖野と共鳴し恋仲になり、行動を共にする。

松倉の国選弁護人小田島に接触した沖野と橘、この件は冤罪であること、松倉の無罪を勝ち取るために自分たちに協力させて欲しいと申し出る。

彼らの陰の働きによって無罪となった松倉、それを祝うパーティーが開催されそこに招待された沖野だが、彼の姿を見た途端あのひどい取り調べでの仕打ちを思い出し、彼を拒否、会場から逃げ出した松倉は暴走車にはねられ亡くなってしまう。

弓岡殺しの現場に程近い山荘で向き合う最上と沖野、あれほど尊敬し心酔した最上はどこへ行ったのか、彼の語った正義とは何なのか。

研修の場で最上が言った言葉「正義に固執した検事は犯罪者となって行く」、その言葉通りに犯罪に手を染めてしまった最上の姿が、沖野は悲しかった。

山荘を後にした沖野の慟哭が響き渡り、物語は終わりとなる。

これまで映画やテレビドラマでは二枚目ヒーローばかりを演じて来た木村拓哉だが、今回はエリートでありながら自身の過去の恨みを果たすことを正義と考え、犯罪に手を染めていくというダークな役を演じている。

普段より抑え目な声のトーンがそのダークなイメージをよく表していた。一方純粋に正義を貫こうとする沖野を演じた二宮。正義とは何なのか。尊敬する先輩を追い詰めなければならない、その苦悩と葛藤に苦しむ演技は素晴らしかった。

まるで2人の魂のぶつかり合いのようなラストシーンには思わずうならされた。秀逸で見ごたえのある作品だった。

【ネタバレ注意】映画アントマン&ワスプの2分で分かる内容ネタバレ!アベンジャーズに参加しなかった彼は・・になっていた!
前回、アイアンマンと対立したキャプテンアメリカの応援メンバーとして登場して以来のアントマン。今回スコットはソコビア協定に違反したということで、ピム博士ともホープとも連絡を取らないよう自宅謹慎をFBIに命じられています。 体にはセンサーのような機械を取り付けられ、家から一歩でも出ればFBIが飛んでくるというような徹底ぶりです。