思い出しても美しくない話(どこの馬の骨編)

些細なことから喧嘩になって、別れまで行き着くのは多いだろう。
苦い別れの思い出は人を深くする時もあれば、苦いままで何にも変わらないこともある。

私事で言えば、ある別れが後者のまま錆びついたものだから、

いっそわざわざ思い返すことはしまいと思って生きてきたら、

色褪せる写真がなんだか味のあるものに見え始めたものだから、

あわてて思い返してみることにした。

[ad]